新着情報

R4年度佐賀県職員採用試験〔民間企業等職務経験者〕(UJIターン枠(農政))のエントリーカード及びアピールシートを掲載しました

令和4年度佐賀県職員(学芸員〔美術工芸分野[陶磁器]〕)(文化財保護主事〔埋蔵文化財分野〕)採用選考試験が実施されます

一覧を見る

イベント情報

【受験者必見!】佐賀県職員UJIターン枠採用試験×移住セミナー【7月2日(土)開催】

一覧を見る

合格発表

令和4年度 佐賀県職員採用試験〔特別枠・スポーツ特別枠〕最終合格者発表

一覧を見る

職員紹介

プロジェクトストーリー

#7

DX×スタートアップ支援で、佐賀のビジネスをアップデートする。

AI技術やメタバースなど、日々、目まぐるしく技術革新が起きるこの時代。佐賀県庁では全国に先駆けて、2020年にDX(デジタルトランスフォーメーション)推進とスタートアップ支援という2つのチャンネルを持つ「DX・スタートアップ推進室」を発足。非IT企業へのデジタル技術の導入実績が年70件を超えたり、全国規模のビジネスアワードを受賞する起業家を輩出するなど、立ち上げからわずか2年足らずで着実に成果を上げている。その一連の取組みついて担当チームに取材を行った。

#6

佐賀から世界へ。新たなスポーツシーンを切り拓く。

2024年に開催される国民スポーツ大会・全国障害者スポーツ大会を契機に、佐賀県ではアスリートと県民、両方に向けた様々なプロジェクトを立ち上げている。SSP(SAGAスポーツピラミッド)構想やSAGAサンライズパーク整備事業など、一連の取組について担当チームに話を聞いた。

#5

ここで子育てがしたい!と、
誰もが思える県を目指して。

「佐賀県を、誰もが子育てしたくなる県にしてほしい」。そんな県民達の声から「子育てし大県“さが”」プロジェクトが発足。出会いから結婚、妊娠・出産、子育てまでの環境を整えるというユニークな取組だ。2020年のイクメン力ランキングで全国1位に輝くなど、数々の成果をあげている裏側にはどのような創意工夫があったのか。プロジェクトを牽引するメンバーに話を聞いた。

#4

オンライン教育で、佐賀の未来を創造する。

#3

未曾有のコロナ危機から、全ての佐賀県民を守り抜く。

#2

いちご農家を救え!20年ぶりの新品種開発への挑戦。

#1

コラボレーションで、佐賀の魅力を全国へ。

特集

佐賀県と人気企業が本音対談!?